京都前撮り~2019.05.20~京町家

本日は「赤の小物」にこだわって衣装のコーディネイトをされたお客様のご紹介♪

ご職業柄顔出しはNGとの事でしたが、「これから前撮りやお式を控えてらっしゃるプレ花嫁さん達の参考になれば」とお写真の掲載にご協力いただきました。
そのためお顔部分はイラストです(^∇^)

まずは色打掛で京町家での撮影のご様子を・・・

お選びになった衣装は、色打掛【重ね仕立金雲霞流水鶴飛翔】。
色打掛 重ね仕立金雲霞流水鶴飛翔
色打掛重ね仕立金雲霞流水鶴飛翔

前撮りのプラン料金内でご利用いただける重ね仕立ての中でもダントツの人気No.1色打掛☆
衿元や袖部分が重ね仕立てになっていてそれだけでも豪華なのですが、この色打掛は柄も重厚感があって色合いも婚礼衣装として好まれます。

色打掛 重ね仕立金雲霞流水鶴飛翔

前から見た立ち姿はこんな感じ
色打掛 重ね仕立金雲霞流水鶴飛翔

新郎様の黒の紋付きとのバランスもいい感じ♪
新婦様の引き立て役と言ってしまえばそれまでですが・・・(^▽^;)

最初に「赤の小物」のこだわりと書きましたが、この画像にその一部が。

色打掛 重ね仕立金雲霞流水鶴飛翔

重ね仕立ての色打掛なので衿元に水色やピンクの生地が重なっているのが見えますが、こちらのお客様はさらに「掛下」にも赤の重ね衿を使用されました♪

ちなみに「掛下」は、白無垢や色打掛の下に着る白の着物のこと。
分かりやすく言うと掛下が白の着物だとすると、白無垢や色打掛はその上から羽織るガウンみたいなものです。

掛下は普通そのものの色と同色の衿が付いているのですが、そこをあえて赤にされたところがかなり個性的。
また、大きめの真っ赤なコサージュを付けて衿元のボリュームに負けないようにコーディネイトされたのも素敵です。

色打掛 重ね仕立金雲霞流水鶴飛翔

こちらは玄関前での立ち姿のお写真。
モノクロの京町家に衣装が映えます。

次回は赤のコーデがさらに引き立つ白無垢のお写真をご紹介致します。
可愛らしく白無垢を着こなしてくださったのでお楽しみに♪

色打掛 重ね仕立金雲霞流水鶴飛翔

前撮りプラン内容ついての詳細はコチラのページから
https://maedori-kyoto.jp/plan

ご来店予約受付中です
https://maedori-kyoto.jp/order

●京都の神社・寺院などで挙式をお考えの方
【京都神社結婚式専用HP】
HP:http://www.hanamusubi.jp/

京都神社結婚式サイト

●白無垢、色打掛など和装の婚礼衣裳をお探しの方
【衣裳レンタル専用HP】
HP:https://www.kyo-hanamusubi.com/

京都着物レンタル

過去の記事